当院をもっと詳しく知りたい方は公式サイトへどうぞ
23th ANNIVERSARY Town Plastic Surgery Clinic タウン形成外科クリニックはおかげさまで23周年 23th ANNIVERSARY Town Plastic Surgery Clinic タウン形成外科クリニックはおかげさまで23周年
学会認定専門医による美容外科・形成外科クリニック 学会認定専門医による美容外科・形成外科クリニック
タウン形成外科クリニックについて
今月のおすすめ治療
  • 青森院
    ボトックス わきが・多汗症
  • 八戸院
    さまざまな目の手術 わきが・多汗症
  • 盛岡院
    二重まぶた目の手術 隆鼻術、鼻の手術
  • 仙台院
    皮膚レーザー治療 二重 上まぶた 下まぶた 目頭の修正術
  • 郡山院
    輪郭形成 サーマクール
  • いわき院
    さまざまな目の手術 サーマクール
  • 表参道院
    二重 上まぶた 下まぶた 目頭の修正術 豊胸修正
  • 当院における豊胸術の特長

    当院では、美容外科、形成外科の経験、経歴、年数および学会発表や医学論文の実績により、専門学会により審査後、正式に承認された学会認定専門医が責任を持って個別のカウンセリングから手術、アフターケアを担当しており、患者さんが美容外科治療を安心して受けられるように常に心がけています。

    学会認定専門医による完全保証制度

    一般的に医療の診療記録(カルテやデータなど)は法的に定められた保存義務は5年までとされているため、それを過ぎてしまうと、どの医療機関でもアフターケアが難しくなる場合も多いのですが、当院では、患者さんが受けられた治療のすべてにおいて、何年経過していても学会認定専門医が責任を持って診療に当たります。ご安心ください。

  • 理事長・総院長 石原信浩
    理事長・総院長 石原信浩
日本美容外科学会認定医とは

日本美容外科学会と呼ばれる学会は国内に二つ存在しています。 ひとつは、開業医をはじめとして設立された財団法人日本美容医学研究会の付属である学会(JSAS)と、 もうひとつは大学病院から派生した日本形成外科学会専門医を中心として構成された学会(JSAPS)です。二つは歴史や成り立ちこそ違いますが、いずれも日本における美容外科医療のさらなる発展と向上を最大の目的としており、美容外科治療が患者に幸福をもたらすことを真に願っています。

いずれも、毎年、専門の医学会を開催して全国の美容外科医、形成外科医が集い、研究内容を発表したり、 シンポジウムやセミナーを開いてディスカッションをしたりして、お互いの知識、技術向上に努めています。
日本美容外科学会(JSASとJSAPS)のいずれも、美容外科経験歴(および学会員歴)が長く、 学会発表や医学論文の実績が多くあるドクターを厳密に審査したうえで、日本美容外科学会専門医の資格を与えています。

現在、国内で、美容外科の診療に何らかのかたちで携わっているドクターが5000名以上と言われていますが、今も現役で活躍している美容外科学会の認定専門医は両学会合わせてわずか200名ほどです(ちなみに形成外科のみの学会専門医はその10倍以上もいます)。長年(最低7年以上)にわたり、美容外科の日々の診療だけでなく、勉強、研究、研鑚を続け、 その成果、業績を学会で正式に認められたのが美容外科学会認定の専門医です。

当院のDr.石原は平成14年にJSASより日本美容外科学会専門医の認定を受けており、その後も発表や論文などの学会活動を通じて美容外科の診療、実績が認められ、学会により正式に専門医更新が承認されています。

認定証
  • 当院のドクターが正式に
    受けた各種学会認定証

  • 日本美容外科学会認定専門医証

    日本美容外科学会
    認定専門医証

  • 日本形成外科学会認定医証

    日本形成外科学会
    認定医証

当院をもっと詳しく知りたい方は公式サイトへどうぞ
town plastic surgery clinic.